loading
2021.06.11

6月11日(金)の日記

梅雨のはずだけど、ずっと晴れ間が続いていて暑い。夏の暑さ。風は気持ちいい。エアコンはつけない。

あるロゴデザインの色味を検討。シニア向けのサービスのロゴ。高級なサービスでもあるので品はなくさず、でも会社や業界としては新しい試みなので、いわゆるシニア向けの高級感のある色味とは違うものも検討したい。
シニア向けの色とは。高級感のある色とは。シニア向けの高級感のある色とは。品のある色とは。シニア向けの品のある色とは。シニア向けで、高級感もあって、品もあるけど、なにか新しいことをしていると感じるような色とは。。

そういう色はきっとあって、誰が決めたでもなく、世の中的に、一般的に徐々に徐々に作られてきた価値観というものだと思うけど、もちろん時代によっても違っているし、国によっても違う。
じゃあその価値観がどうやって作られたのかというと、映画や音楽、本、商品やサービスそのものでもあるし、それを包むデザインでもあると思う。そんなえらそうなもんじゃないし、それがいいことなのかもわからないけれど、その積み重ねが文化や価値観をアップデートし続けていると思っている。
つまり何が言いたいかというと、デザインにはその責任があるのだということ。(いやどんな仕事もそうなんですけど)文化や価値観をつくる責任が。というかそれぐらいの気持ちでやりましょうよということです。

で、シニア向けで、高級感もあって、品もあるけど、なにか新しいことをしていると感じるような色とは。。